安さだけで惑わされないこと

引越しをする場合、いろいろと出費がかさむため、引越し料金を少しでも安く抑えたいと、たいていの方は考えるはずです。
そんなときに、引越し料金の安さを最大の売りにしているような引越し業者を見つけてしまうと、やっぱりついつい心が動いてしまいがちですよね。
もちろん安く済むに越したことはないのですが、そうした引越し業者に問い合わせなどをしてみる前に一度、
その会社がそれだけ料金を安く設定している「理由」についても冷静に探っておくことが大切です。

 

引越し当日のスタッフの人数が少なかったり、接客やサービスの質が悪かったり、中には無認可で引越しを行っている違法業者、引越し作業後に多額の不当な請求をしてくる悪徳業者などまでありますから、注意が必要です。
特に懸念されるのは、優良な引越し業者なら必ずかけているはずの荷物や家屋への保険にも加入していないか、もしくは補償範囲が非常に狭くなっているために、料金が抑えられているかもしれないということです。
そうした引越し業者にうっかり依頼してしまった場合、万が一荷物や家屋が破損したり紛失したりしても、補償が一切受けられなかったり、十分な補償を受けられないといった事態になります。
また、そのような業者に限って荷物の扱いも雑であったりするのです。

 

あまりにも相場からかけ離れている安さの場合は、裏の理由がなにかあると思ってほぼ間違いないでしょう。
ただ「安い」という理由だけで引越し業者を決めてしまうと、後々、意外なトラブルなども起こり、結果的に高くついたというパターンも多いため、料金だけで惑わされず慎重に選びましょう。

 

 

悪徳業者を見分ける方法

 

優良な引越し業者であれば、見積もりの際に「標準引越運送約款」というものも必ず提示してくれます。
この約款では、手付金や内金といったものを禁止しているため、引越し料金は後払いが基本となっています。
ですから、仮契約の内金や一部金などの名目で事前にお金を要求してくる場合は、その会社は悪徳業者とみてよいでしょう。

 

また、トラックのナンバープレートの色でも、簡単に見分けることが可能です。
優良な引越し業者であれば、緑か黒のナンバープレートをつけているはずです。
繁忙期のみ白のナンバープレートのトラックも使うことがありますが、その際には必ずその旨の説明があるはずですし、許可証を提示してもらって確認することができます。
こうした点からも、ちょっとおかしいな、と感じたら、その引越し業者は選択肢からすぐに外し、
他の引越し業者を探すことをお勧めします。