マナーとタブーを知っておこう

引越しをする際に、引越し祝いをいただくこともあるでしょう。
また、引越しをする方にお祝いを渡したいという場面もこれからあることでしょう。
そんなときにも慌てずすぐに対応できるよう、基本的なマナーをおさえておきましょう。

 

引越し祝いの額は、5,000〜10,000円程度、親族では10,000〜30,000円程度が相場のようです。
特にお世話になった方に対しては10,000円、20,000円というケースもあるでしょう。
引越しの際には出費がかさむことからも、現金やギフト券などで贈ることが多く、また最も喜ばれます。
自分で好みのものを選べるギフトカタログなども人気でしょう。
引っ越し祝いは荷造りが終わる前に渡すことが一般的です。
遅くなる場合は引越し当日を避けて、引越し後2週間以内に贈るようにします。
新居のお披露目などで招待がある場合には、その際に持参し直接渡しましょう。

 

また職場でのお祝いの場合は、幹事を決めて栄転祝い・昇進祝いを催し、送別会などの席で直接渡しましょう。
その際、上司には現金を贈ることや「御餞別」という表書きは大変失礼にあたりますので注意しましょう。
海外への引越しの場合のみ、上司へも現金を贈ることが一般的です。金額も少し多めにします。

 

基本的に、ストーブやライター、キャンドル、赤いもの、炎の模様など火を連想するものは、引っ越し祝いではタブーとされていますので絶対に避けましょう。
引越し祝いのご祝儀袋やお祝いの品物には、紅白の蝶結びの水引の付いているものを選び、熨斗には「祝御新築」「御引越御祝」「祝御栄転」「御餞別」などとします。

 

お返しはどうするの?

 

引越し祝いをいただいたら、やはり何かお返しをしなくては、と考えますよね。
基本的には、金品をいただいた方には、お返しをしましょう。
餞別は特にお返しをする必要はありませんが、お礼状を必ず出すようにします。

 

お返しの相場としては、いただいた額の3分の1程度が一般的です。
お菓子や引越し先の名産品、カタログギフトなどを贈ると喜ばれることが多いようです。
その際、いただいたものと同じ品にはならないように注意しましょう。
お返しの品物には、紅白の蝶結びの水引を選び、熨斗には「内祝い」とします。
引越し後1、2ヶ月程度経ち、新生活が一通り落ち着いたころに、お礼の手紙と新居の住所を添えて贈ると良いでしょう。