最も大切で大変?役所の手続き

役所関係の手続きは平日のみに限定されているため、社会人の方にとっては最も大変な手続きになるかもしれません。
役所に行く回数と時間を最低限に抑えるために、事前にしっかりと、必要な手続きや持参する物・書類などを確認したり問い合わせをして、できるだけ効率的に一気に済ませてしまうのがコツです。

 

引越しの2週間前から引越しまでの期間に必要となる手続きとして、まず最も重要なものが、転出届の提出と、転出証明書の受け取りです。
転出証明書は引越し後の手続きでもよく使用するため、しっかりと保管しておきましょう。

 

万が一、転出届の提出を引越しまでに終わらせておくことができなかった場合には、引越し後2週間以内までであれば発行してもらうことが可能です。
遠方などへの引越しの場合は取りに行くのがかなり大変とは思いますが、急いでもらいに行くようにしましょう。
この2週間も過ぎてしまった場合には、罰則・過料を請求され、お金を納めることになるためです。
こうしたことも考えて、やはり、転出届は引越し前までに、必ず確実に済ませておくことをおすすめします。

 

万が一、引越しの中止などがあった場合には、発行してもらっていた転出証明書を持って速やかに役所へ行き、転出中止の手続きをしてもらいましょう。
これをしておかないと、どこにも住所がない状態のままになってしまいますので、必ず忘れずに手続きに行ってくださいね。

 

その他にも、国民年金や国民健康保険の手続き、福祉や医療に関する手続き、各種手当て関係の手続き、印鑑登録の廃止手続き、ペットの登録変更手続き、などがあります。

 

自分に必要な手続きをすべて確認しておき、可能な限り一度の訪問でまとめてどんどん片付けてしまいましょう。

 

転校手続きも並行しよう

 

引越しをする際に、お子さんがいらっしゃる場合には、さらに転校手続きも必要になります。
引っ越すことが決まったら、まずは担任の先生に連絡をしましょう。
そして「在学証明書」「教科用図書給与証明書」を学校側から発行してもらい、受け取ります。
その後、役所で転出証明書を発行してもらってから、引越し先の役場に行き、この転出証明書と転入届を提出すると、「入学通知書」が発行してもらえます。

 

役所関係の各種手続きを進めながら、子どもの転校手続きも並行して進めていくようにすると、最も効率的ですね。
発行してもらい受け取った書類は、どれも転入先の手続きで必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

引越しの際に重要なこと!忘れちゃいけない、役所関係の手続き関連ページ

うっかり注意!ライフラインの手続きも忘れずに