思い切って、どんどん処分

引越しの荷物の量が多いと、荷造りだけでも本当に大変な作業になってしまいます。
また、今家にある荷物を全部持って行きたくても、とてもじゃないけれど新居には入りきりそうにない、ということも多いでしょう。
引越しは、身の回りをすっきりさせる、絶好のチャンスでもあります。
引越しが決まったら、本当に必要なものだけを残して、不要なものやあまり使わないものなどは、思い切ってどんどん処分していくことで荷造りも一気にはかどります。

 

仕分けをしながら、不要なものはごみ収集の日に毎回どんどん捨てていくという方法でもよいですし、友人など周りで欲しがっている人がいれば、あげてしまうのもよいでしょう。
家電や家具、ブランド品など、ただ捨てたりあげたりするというのはちょっともったいない、という場合には、リサイクルショップや不用品買取などを利用するのもよいかもしれません。
運よく買い取ってもらえれば、小額かもしれませんがお金も手に入りますし、嬉しいものです。

 

 

費用を安く抑えたいなら

 

引越しの際、特にベッドや大型の家具、家電などは、搬出・搬入ともに、最も時間と労力がかかる作業になります。
大型の家具・家電だけでもトラックのスペースを最も多く使ってしまいますので、引越し料金が余計にかさむ要因にもなります。
ですから、大きなものほど特に、引越しを機に思い切って処分して、新しい家具・家電などに買い換えるほうが、実は、引越しの費用を安く抑えられるコツでもあります。

 

冷蔵庫や洗濯機、テレビ、掃除機などの家電や、ソファ、棚、テーブル、椅子などといった家具は、基本的にはどの不用品買取業者でも買い取ってもらえます。
また、粗大ごみとして処分する場合には、事前にごみの回収センターに有料回収を申し込む必要があります。
費用や具体的な方法などは自治体ごとに違いますので、早めに確認しておきましょう。

 

他にも、家の中の荷造りに追われていてつい忘れてしまいがちですが、車・バイク・自転車をどうするか、といった問題もあります。
車やバイクは自分で運転して新居へと運ぶこともできますが、引越し先に駐車場や駐輪場がないという場合もあるでしょう。
その場合にはやはり、自分で引越し先の近所で駐車場などを借りる手続きをきちんとしておくか、もしくは売るなどして手放すことも考えなくてはなりませんので、いずれにせよ早めの対策をしておきましょう。

 

自転車は、引越し業者が他の荷物と一緒に運んでくれることが多いですが、梱包の仕方などは見積もりの際によく確認しておきましょう。

引越しの極意・大きなものは、売る・捨てる・あげる!関連ページ

これを見ながらチェックしよう!荷造りリスト
家電製品はどうやって荷造りすればいいの?