引越し時の追加料金にご注意を!追加料金発生ケース

引越し時に追加料金が発生する場合とは!?

 

「引っ越し料金はできるだけ安くしたい」
と思うのは当然のことです。

 

そのため、さまざまな引越し業者に見積もりを依頼し、
満足の行くところを選ぶのです。

 

ただ、実際に引越しをするときになって、
追加料金がかかるというケースも。

 

どのようなケースで追加料金が発生するかをちょっと考えてみましょう。

 

荷物の量が非常に多くなってしまった

引越し時に追加料金が発生する場合とは!?

 

引越しのときに追加料金が発生するケースとして多いのは、
まずはこれでしょう。

 

引越しの料金を決める要素の一つに、
「荷物の量」があります。

 

たくさんの荷物を運ぼうとすれば
トラックも大きいものを使わなければなりませんし、人手も必要です。
そのため、見積もりをとる際には、必ず「荷物の量」が問われます。

 

ただ、引越しに慣れていない人にとって、
自分の家の荷物の量を的確に把握するのは、
それほど簡単なことではありません。

 

そのため、「こんなもんだろう」と考えて、
非常に少ない荷物量で申告してしまうこともあるのです。

 

引越し業者が来た時に、最初の申告量よりも荷物が多かった場合、
それを運搬する費用が発生することになります。

 

多少の融通はきかせてくれますが、注意が必要です。

 

あなたの家のこと、ちゃんと伝えられている?

引越し時に追加料金が発生する場合とは!?

 

引越し作業は、「家から家への引越し」です。

 

そのため、現在の家の状況や新しい家の状況を
きちんと伝えておかなければなりません。

 

エレベーターがないアパートの4階に住んでいる。
トラックが停められないような狭い道路に面している。
駐車場が利用できない。

 

このような状態であるのに、
それを告げずに見積もりをとってしまっていたとしましょう。

 

こうなると引越し業者は、当日になって対策を考えなければならなくなります。
この結果、追加料金が発生こともあります。
また、ピアノなどの特に重いものの運搬がある場合は、これも事前に告げておきましょう。

 

きちんと片付けを! 梱包作業は前日に

「梱包もお任せのプランを使う」という場合を除き、
梱包作業はすべて自分たちでやらなければなりません。

 

この梱包作業には、実はかなりの時間がかかります。

 

しかし引越しにかかる作業時間の見積もりが甘かったり、
仕事などが忙しくて作業ができなかったりすると、
当日まで作業がかかってしまうケースもあります。

 

こうなると、引越し業者は決められた時間に
荷物を運ぶことができなくなってしまいます。
その分、当然追加料金が発生します。

 

また、これらの「追加料金が発生するトラブル」は、
当日になって引越し業者に作業中止を言い渡されるリスクもあるので、
事前にきちんと対策をしておかなければなりません。