どうする?引越し業者への寸志、差し入れ

寸志効果でやる気アップ?

 

引越し業者に頼んで引越しをする場合、やはり気になるのが、「寸志・チップ・心付けや差し入れといったものは必要なのだろうか?」といったことかもしれません。

 

基本的には不要なのですが、大変な力仕事をしてくれる作業スタッフへのお礼の気持ちとして、お茶や寸志を用意するという方も、実は多いようです。
大量に汗をかく作業スタッフにとっては、近所に自動販売機などがない場合は特に、作業の切れ目などでの飲み物の差し入れは非常に喜んでもらえるでしょう。

 

また、現金で渡す場合には、小さな祝儀袋や白い封筒に「寸志」「お礼」などと書いて、1人あたり1,000円ほどを全員分まとめて入れ、リーダー格のスタッフに、「皆さんで」と伝えてお渡しするという方法が一般的なマナーのようです。
ただこの方法だと、独り占めされてしまったり全員に均等に分配がされないケースも多々あるようなので、
人数分でぽち袋を用意しておき、一人一人に個別で手渡しをするという方法でもよいでしょう。
作業スタッフの人数は見積もりのときに分かっていますが、念のため少し多めに準備をしておくと安心です。

 

タイミングとしては、作業開始前、お昼休憩開始時、作業終了後、といったパターンが多いようです。
ただ、そもそも心付けなどは本来不要なものでもあるので、当日の作業スタッフの仕事ぶりや態度を実際に見て判断した結果、結局渡さないという選択をする人も多くいるようです。
また当然のことでもありますが、そうした判断をきちんとして自分が納得してから渡したい、という人も多いため、実際の仕事ぶりが全く分からない作業開始前に渡すという人はかなり少数のようです。
ちなみに、頑張ってもらうための裏技として、引越し業者が到着したらまず人数を確認する、という方法もあるそうです。
人数を聞かれるということは、「寸志やお茶などの用意では?」と作業スタッフたちもピンとくるはずですから、心理的にもやはり、作業を張り切って頑張ってくれる確率が上がるわけですね。
その場合は、お昼に作業スタッフの方々にお茶などと一緒に寸志をお渡しするとよいでしょう。

 

ただし最近では、寸志や飲食物の受け取りを禁止している引越し業者もありますので、無理に渡す必要はありません。
とても良い仕事をしてくれたときなどに、飲み物を差し入れる程度で十分かもしれませんね。

喜ばれるグッズ

 

作業スタッフに喜ばれるものは、なにもチップや飲食物だけではありません。
意外にも喜んでもらえるのが、「タオル」でしょう。
力仕事である引越し作業の間、作業スタッフの方々は全身びっしょり汗をかいていることも多いため、
持参している自前のタオルだけでは足りないような場合も多々あるでしょう。
そこで、家に余っているような安いタオルやもらい物のタオルを積極的に支給してあげると、かなり喜んでもらえます。
特に、引越し当日が雨だったりした場合には、玄関先にも大量にタオルを置いておいてあげると、そのタオルで荷物の水滴を拭いてから搬入してくれますし、もちろん作業スタッフ自身の体を拭くタオルも用意してあげれば、より喜んでもらえるでしょう。

 

その他にも、靴下などは支給してあげるとこちらとしても嬉しいメリットがありますので、おすすめです。
新居に到着して搬入作業を開始するときに、まずは一足、新品の靴下へと履き替えてもらえば、新居の床や畳が汚れるリスクも減らせます。
そしてもう一足、新品の靴下を渡して、こちらはお土産にしてあげましょう。
タオルと同じぐらい、靴下は、作業スタッフにとって必需品でありかなりの消耗品ですので、安い靴下でも十分に喜んでもらえますよ。