引越しのキャンセル・延期は可能?

2日前までなら無料

 

引越し業者と一旦契約を結んだ後に、引越しのキャンセルや延期を行いたいという場合も、もしかしたら出てくるかもしれません。
そうした場合は、「標準引越運送約款」に基づいて、引越し前日のキャンセル・延期なら引越し料金の10%以内、引越し当日のキャンセル・延期なら引越し料金の20%以内、というキャンセル料が定められています。
このキャンセル料さえ支払えば、たとえ前日や当日であっても、引越しをキャンセルしたり延期したりすることが可能です。
また、これは引越しの前々日、つまり2日前までであれば、キャンセル料は一切発生しないということでもあります。
ただし、こちらの都合でキャンセル・延期を行う場合には、キャンセル料とはまた別に、見積書に明記されている費用を必要とする場合もあり得る旨も「標準引越運送約款」には記載されていますので、引越し業者から受け取っている見積書の内容はよく確認しておきましょう。

 

たとえこちらの都合によるキャンセル・延期であっても、その理由が、病気・事故・身内の不幸などであった場合は、引越し業者によっては延期の相談に乗ってくれる場合もありますから、困った事態が起こったときにはまずは正直に引越し業者に伝えてみるとよいでしょう。
どういった理由などにしても、キャンセルや延期を申し出る場合には、できるだけ早めに引越し業者に連絡をするようにしましょう。

 

ちなみに、キャンセルをした場合は、引越し業者から受け取っている段ボールや梱包資材などは、未使用のままですべて返却・返送します。
使用してしまった場合は、実費で買い取りとなります。

 

確認連絡が無かったら

 

引越し業者は「標準引越運送約款」によって、引越し日の2日前までに、見積書の記載内容の変更の有無について確認をする旨が定められています。
万が一、この確認の連絡が来なかった場合、引越し業者が連絡を怠ってしまった場合などは、どうなるのでしょうか?
そのような場合は、たとえ引越しの前日や当日に、キャンセル・延期を申し出たとしても、キャンセル料は一切必要ありません。
ちょっとした知識として、覚えておくとよいかもしれませんね。