雨天決行!

引越しが初めてだったりあまり経験がないという方はもちろんですが、引越しにはかなり慣れているという方でも、「引越しの当日が雨だった場合にはどうなるのか?」「なにか特別なことが必要になるのだろうか?」といったことは、実はよく知らないということも多いのではないでしょうか。

 

基本的には、引越しは雨天決行です。

 

気分的にはあまり嬉しくはないですし、作業スタッフや自分の体だけではなく、大事な荷物も、雨で濡れてしまうリスクが高くなります。
また道路が渋滞する可能性も高くなり、引越しの作業予定が遅れることもあるでしょう。
ですが、引越し業者側からは、大規模な天災以外を理由に当日キャンセルをしたり延期をするといったことはできません。
顧客側からであれば、キャンセルや変更も申し出ることは可能ですが、その場合は当然、キャンセル料を支払うことになります。
そのため、たいていの場合は、当日が雨でも、そのまま予定通りに引越しを行ってしまうことがほとんどです。

 

ただ、引越しの当日がかなり激しい土砂降りである場合などは、当日のキャンセルや延期の相談にも応じてくれる可能性はありますので、あまりにも「これはちょっと」という場合には、まずは引越し業者に電話してみて聞いてみることをおすすめします。
日程に余裕があれば、引越しの2日前までならキャンセル料がかからないため、前々から引越し当日の天気予報を常にチェックしておき、早めに変更するという方法を検討してもよいでしょう。

 

雨の日は、隅々まで注意

 

当日が雨だった場合、引越し業者は、できる限り荷物を濡らさないように、梱包をしてくれるはずです。
ただ、その梱包料金も別途加算されてしまう場合もありますので、よく確認しておきましょう。
また荷造りをする際に、もしも当日が雨だった場合まできちんと想定しておき、荷物をそのまま段ボールに入れるのではなく、ビニール袋などに包んでから入れるなどして、自分でもできる限りの対策をとっておけば、より安心できますよ。

 

段ボールは濡れてしまうと強度も落ちてしまい、破れたり、中身が落下したりすることもありますから、重い荷物の箱ほど特に注意が必要です。
玄関から積み込むトラックまでの距離があるほど、雨に当たって段ボールがより多く濡れてしまいますので、搬出・搬入の際には特に注意しておきましょう。
パソコンや家電製品などの搬送も、雨の日にはより一層の細心の注意が必要です。

 

また、新居に搬入が終わったら、できるだけ早く荷物を段ボールから出してしまいましょう。
濡れた段ボールに入れたままにしておくと、大事な荷物が湿気で傷んでしまうためです。
そして、もし濡れてしまっているものがあれば、すぐに乾かしましょう。
雨の日の引越しの場合、荷物によってはかびが生えてしまったり、色落ちするなど、思いがけないトラブルが起きることがあります。
洋服やカーペット、畳などは、特に注意が必要です。

 

雨の日は、引越し業者も、玄関先や床、壁などにブルーシートを敷くなどの用意をして、新居の床や壁に汚れがつかないよう細心の注意を払ってくれますが、それでも、汚れが付いてしまいやすくなっているため、搬入がすべて終わった後には必ず隅々までチェックして、汚れがあればすぐに拭き取っておきましょう。

 

タオルや雑巾を玄関先にたくさん置いておいてあげれば、作業スタッフはそのタオルなどで荷物の水滴や汚れを拭いてから搬入してくれるでしょう。
雨の日にはこうしたさまざまな作業が必要になってしまいますが、いろいろな工夫をして、雨の日の引越しを乗り切りましょう。