単身引越しパックを比較

単身での引越しの場合は、比較的少ない荷物だけで済むことが多いため、引越し料金を安く抑えることもそれほど難しいことではないかもしれません。
また、引越し業者には、単身者向けの引越し専用のコースがある場合が多いですから、
複数の引越し業者の「単身引越しパック」などを見比べてみながら、自分の希望と近い引越し業者をどんどん絞っていくとよいでしょう。

 

単身引越しパックなどの、単身者向けのコースは、決められた一定量内の荷物の量であれば、かなり割安な料金で引越しを行ってくれますので、荷物が少ない方などにぴったりです。
ただ、人によっては、単身ではあっても荷物の量がかなり多かったりすることもありますから、
どの程度の荷物量までであればそうしたコースを適用してもらえるのか、事前にしっかり確認しておく必要があるでしょう。

 

ただ、「単身者には単身引越しパックが一番安くてお得」かというと必ずしもそうとは言い切れません。
普通に見積もりをしてもらった結果、単身引越しパックの料金よりも安くできる場合もありますし、単身引越しパックなどがない引越し業者であっても、見積もりや交渉によって、単身者向けのコースよりももっと安い値段で引越しをお願いできる場合も、もちろんあります。
なので、まずは複数の会社に見積もりを出してもらってから、じっくりと考えることをお勧めします。
インターネットでも、「一括見積もりサービス」という便利なサービスがありますから、いくつかの引越し業者をそれぞれ見比べて検討するようにしましょう。

 

自力での頑張りが最大のポイント!

 

単身での引越しであれば、もともとの荷物の量もそれほど多くはないことがほとんどですが、その荷物の量も、もっと減らせばより安く引越しができるし、時間や手間が省け、引っ越し後も楽になります。

 

すでに引越し先が決まっていて、大家さんの許可もきちんと得られれば、引越し業者にももちろん引越しをお願いしつつも、事前に新居に自分で運んでおけそうな荷物だけ自力でどんどん運び込んでしまう、といったことも十分可能です。
ある程度の体力や腕力がないと危険ですが、男性であれば、たとえば、冷蔵庫も単身者用の2ドアの小さなタイプであれば、自分一人でも運べますし、
洗濯機も、5kg程度のタイプであれば、一人でも運べるでしょう。
ただし、女性の場合は一人で大きな家電などを運ぶことは危険ですから、やめておきましょう。

 

洗濯機の設置などはオプションとしている引越し業者も多いため、自分でもできそうであれば設置も自分で行って、その分の料金を浮かせるといったこともできます。
他にも、雑貨類など軽いものなどは全部自分で運んでしまい、大き目のものは宅急便を利用するなどすれば、引越しの荷物をさらに大きく減らすことができるでしょう。