見積もり後にキャンセルはできる?

返事は早めに!

 

引越しをする際には、複数の引越し業者に見積もりを出してもらっていることが普通ですよね。
そして、その中から1社しか選ぶことはできませんので、当然、他の引越し業者にはお断りをする連絡をしなくてはいけません。
実は、見積もりを出してもらった場合、引越し業者側では、契約が成立した場合のことを考えて、伝えてある希望日時の時間帯のトラックをすでに仮押さえしてくれています。
そして、その時間帯は他のお客様の引越し依頼があっても、お断りしてくれているのです。
ですから、引越しをお願いする場合でもお断りする場合でも、無料で見積もりを出してくれたことへの感謝と最低限のマナーとして、どの会社にも必ず、迅速に連絡を入れるようにしましょう。

 

前々日までは無料

 

引越し業者の中には、見積もりの際に契約を急かしたり、段ボールや梱包資材、サービス品などを半ば強引に置いていく営業マンなどもいるかもしれません。
そうした品物は、たとえ受け取ってしまっていても手をつけないままにしておき、キャンセルした際にすべて宅配便などを使って返却するようにします。
もしも使用してしまっていた場合は、実費での買取となってしまいますので注意しましょう。

 

また、引越し業者の押しの強さに負けてしまい、見積書についついサインまでしてしまったものの、実は他の会社のほうが良かったと気づきキャンセルをしたい、といった場合も、もちろんキャンセルが可能です。
その場合、引っ越しの当日のキャンセルでは見積書記載の20%、前日のキャンセルでは10%、のキャンセル料を支払うことになります。
ということは、前々日までであれば、無料でキャンセルをすることができるというわけです。

 

なお、上記のキャンセル料は国で定められているものなので、きちんと支払う必要がありますが、引越し業者の中には、当日キャンセルの場合は全額もしくは半額請求、などと独自のルールを契約書類に書いていたり言ってくる会社もあります。
こうした会社は、間違いなく違法業者ですから、十分に注意しましょう。