引越しが決まった!

入学、就職、転職、結婚、転勤など、新しい生活をスタートさせるときには、新しい住まいへの引越しも伴うことが、多くありますよね。
引越しはもう何度も経験しているから、という方であれば、比較的スムーズに引越しのさまざまな手順をこなすこともできるかもしれません。
ですが、あまり引越し経験のない方や、引越しは今回が初めて!という方は、一体どういったことから手をつけていけばよいのかすら分からず、いろいろと不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。
まずは、引越しが決まったら最初にすべきことと、引越しに必要な事前準備の大まかな流れ・段取りを掴んでから、ひとつずつ確実にこなしていきましょう。

 

最優先は、スケジューリング

 

引越しをすることが決まったら、何よりも先にしておくべきことは、引越しまでのスケジュール組みです。
最優先で、とにかく引越しの日取りをはっきりと決めてしまいましょう。
引越しの日取りが決まってしまえば、あとは引越し当日から逆算をしていく形で事前準備を考えればよくなりますので、今は何をやるべき時期なのかがすぐに分かり、非常に動きやすくなります。

 

引越しまで時間的に少しでも多くゆとりを持たせることで、余裕を持って準備を進めながら、たくさんの引越し業者をじっくり比較して、料金がより安い業者や日程を選択する、といったことも可能になります。
慌しく荷造りなどに追われてつい後回しにしがちな、手続き関係や、粗大ごみなどの処分方法にも気をつけたいところです。

 

役所関係の手続きなどは、平日の日中に出向かなければ窓口が開いていませんので、お勤めがある方でしたら、平日休みの日を利用したり半休を取るなどして、事前に上手にスケジュールを調整する必要があります。

 

家電や粗大ごみなどは、通常のごみ回収のときには持って行ってもらえませんので、ごみで出すにしても有料で回収依頼をしなければならず、日程もいつでも引き取りに来てもらえるというわけにはいかないことがほとんどでしょう。

 

引越しをするには、現住居の退去・新居選びと各手続き、荷造りや不用品の処分、引越し業者の選定、新生活に必要な各種手続き、引越し前後や当日の準備など、事前にやっておかなければならないことが意外とたくさんあります。
少しでも早いうちから、ひとつずつでも準備をスタートしておくほうが、安心なのです。
時間的にも、また労力的にも、ある程度余裕を持ったスケジュールを組むようにするとよいでしょう。