引越し料金を安く抑えるには

大手か中小か

 

引越しをするときには、なにかと出費がかさみ、物入りですよね。
引越し料金は少しでも安くしたい、とよい方法をいろいろ探している方は多いのではないでしょうか。

 

引越し料金を安く抑えるコツとして、やはり、引越し業者の選定が最も大事になってくるでしょう。
一般的に、中小規模の引越し業者や地域密着型の引越し業者のほうが、料金が安めに設定されていることがほとんどです。
その分、サービスなども必要最低限で、プランやオプションもあまり種類は多くなくシンプルなことが多いようです。
基本的には、長距離の引越しや荷物・人数の多い大きめな引越しには向いていないかもしれません。
また、料金が安い分、なにかあった場合の補償も、大手の引越し業者よりも範囲が狭い場合がありますので、そこが少々不安な点かもしれません。
ただし、標準引越運送約款という書類をきちんと提示してくれる会社であれば、大手とまったく同じ補償を受けられますので安心してくださいね。
中小や地域密着型の引越し業者は、大手よりも比較的柔軟に、引越しをする人の希望や都合に合わせた対応をしてくれる会社も多い、というメリットもあります。

 

一方、大手を選んだ場合は、近距離・長距離ともに安心して任せられ、単身者向けからファミリー向けまで、プラン・コース・パックの種類も豊富で、細やかなオプションまでいろいろ選べます。
特殊車両を用いた引越しなども可能で、一連の引越し作業に関してもスタッフ全体の技術が高いというメリットがあります。
ただ、引越し料金は高めになることが多いでしょう。

 

自分の荷物の量や、引越しの予算・料金、引越しの距離などから、どちらを選ぶか冷静に判断するのがおすすめです。
時間や労力的に荷造りや荷解きなどをすべてお任せしたいという方なら、大手のお任せパックなどを選ぶと便利ですし、
そうした作業もある程度全部自分でできるという方であれば、大手以外の引越し業者を選択肢に入れてみるとよいでしょう。

 

荷物の量と時間・距離で決まる

 

引越し料金は、つまるところ、運ぶ荷物の量と、運搬する距離、かかる時間、の3つでほぼ決まってきます。
引越しの距離は変えられるものではないため、実質的には、荷物の量と時間の2点で決められてしまうと考えてよいでしょう。

 

引越し料金を一番安くする究極のコツは、まず、荷物の量を最小限に減らすこと。
不要なものはどんどん処分してしまいましょう。
そして、時間が不確定になる分割安にしてくれる「フリー便」も利用すれば、さらに安く抑えられます。
その上で、割引キャンペーンや割引サービスも最大限に利用するようにして、引越し料金をぎりぎりまで安くお得にしていきましょう。

引っ越し費用を安く抑えるコツ記事一覧

最大のピークは3月後半一年を通じて、引越しをする人の数は常に一定というわけではありません。やはり毎年、入学・就職・転勤といった節目を迎える人が最も多く、長期休暇中の人も最も多い、春と秋の時期は、引越し業者の繁忙期となっています。月でいうと、3月、4月と、8月、9月にあたります。また5月のゴールデンウィーク期間も、それらの月と同じぐらい、引越しが多い繁忙期と言えるでしょう。このうち、最も引越しの件数...

引越しには、非常に分かりやすい繁忙期や閑散期がありますが、他にも引越し料金が安くなる場合はないのでしょうか?実は、賃貸物件を契約している方の場合、月末まで契約を残しておいて、月末に新居への引越しを行う、という方法をとる方が最も多くなっています。そのため、月末よりは、月の上旬・中旬を選んだほうが、引越し料金もさらに安くなる可能性があります。また、基本的には休日の昼間に引越しを行うという方が多いでしょ...

引越しが決まって、いろいろな引越し業者に見積もりをお願いしながら、「そもそも引越し費用には一般的な相場のようなものはあるのだろうか?」と思われる方も多いのではないでしょうか。引越しには、選んだ引越し業者や荷物の量、運搬距離・時間、建物の立地・状況、居住人数、といった条件に加えて、引越しの時期、曜日、時間帯、プラン・コース・パック・オプション、有料道路代などの交通費、梱包資材代、人件費、といったさま...

複数の引越し業者に見積もりを依頼してみると、会社ごとにさまざまな見積もり金額を提示してくることがあるので、その金額の違いには少々驚いてしまうことでしょう。そんなときは、少しでも安い見積もりを出してくれている引越し業者でパッと決めてしまいたいところですが、それは非常にもったいないことです。どんなに値切ることや値段交渉に不慣れな方でも、何の交渉もせず、言い値のままで引越し業者を決めてしまうなどはせず、...

単身での引越しの場合は、比較的少ない荷物だけで済むことが多いため、引越し料金を安く抑えることもそれほど難しいことではないかもしれません。また、引越し業者には、単身者向けの引越し専用のコースがある場合が多いですから、複数の引越し業者の「単身引越しパック」などを見比べてみながら、自分の希望と近い引越し業者をどんどん絞っていくとよいでしょう。単身引越しパックなどの、単身者向けのコースは、決められた一定量...

ファミリーでの引越しは、単身での引越しと比べて、家具や荷物の量も多く、また部屋数もあるため、引越し料金もだいぶ高くなってしまいます。少しでも費用を安く抑えたいと、いろいろとよい方法を探している方も多いでしょう。ファミリーでの引越しを少しでも安くする最大のコツは、やはり、自分たちでもできる限り、荷造りや荷解きなどを自力で行うといったことに尽きるかもしれません。荷造りや荷解きの時間がなかなか取れなかっ...