知っておきたい荷造りのコツ

段ボールを調達しよう

 

引越しのときに絶対に欠かせないものと言えば、家中のあらゆる荷物を詰めて新居へと運び込むための、たくさんの段ボールがまず挙げられます。。
近所のスーパーやお店からもらってくることもできますし、ホームセンターなどへ行って新品を買うことももちろんできますので、引越し業者を利用せず自力で引越しをするという方はこの調達方法をとることが多いでしょう。

 

引越し業者を利用しての引越しの場合には、たいていの業者が、事前に無料で段ボールを必要な個数分用意してくれることが多いですが、そうでない業者ももちろんありますので、見積もりの際にそういった点もよく確認しておくことが必要です。

 

荷物が多いほど引越し料金も多くかかるため、不要なものは処分するなどして、段ボールの数もできるだけ最小限に抑えた上で、自分の荷物の量もよく確認しながら無理がない枚数を用意しましょう。
最近では、引越し後に、不要になった段ボールの回収までしてくれる業者もあるのは、とても嬉しいサービスですね。

 

 

荷造りのポイント

 

以下のポイントに気を付けて、効率よく荷造りをしましょう。

 

@一番奥の部屋から、そして普段あまり使用しないものから順番に詰めていく

 

荷造りを進めていくうちに、荷物がいっぱいに詰まった段ボールがどんどん増えていきますので、普段の生活や当日の運び出しの際に邪魔にならない場所にまとめて積んでいくなどして置いていきましょう。

 

A書籍など重いものほど小さな段ボールに詰める

 

段ボールにもやはり強度があり、あまり重いものを入れたり、ひとつの箱に多く詰め込みすぎると、運ぶときに底が抜けることもあります。
どの段ボールもガムテープでしっかりと底を補強することも大切ですが、
特に重いものや高価な物は、無料のものよりも強度が高い有料の段ボールを使用するなどしたほうが無難かもしれません。

 

荷造りでは、ひとつひとつの段ボールが、自分でも持てる程度の重さであることが鉄則です。
重いものを下に詰めたら上は軽いものを詰めるなどして、上手に重さを分散させましょう。

 

B部屋ごと、場所ごとなどで物をまとめて段ボールに詰める

 

箱の上部と側面に、運び込んでもらいたい部屋や場所、中身などを大きく油性マジックで書いておけば、引越し業者の方にも分かりやすいため、新居の各部屋へ希望通りに荷物を運び入れてもらうことができます。

 

また、割れ物は箱に大きく明記しておけば丁寧に扱ってもらえますし、引越し後すぐに使うものもひとつの段ボールにまとめてその旨大きく書いておけば、一番荷解きしやすい場所に置いておいてもらえます。

 

少々面倒でもこうしたちょっとした工夫をしておくことで、引越し後の新居での荷解きも非常に楽になり、
片付けや収納が終わるのもぐっと早くなりますよ。

上手な荷造りのコツとは?記事一覧

忘れている物はありませんか?荷造りをしていく中で、うっかり段ボールへ入れるのを忘れてしまっているものはないか、チェックしてみましょう。□書籍やCD・DVD、雑貨類、押入れの中のもの普段あまり使用しないものも多いはずですから、最も早く荷造りをスタートさせられる場所です。本はまとめるとかなり重くなってしまうため、小さめの箱に入れること。□衣類、靴、バッグ類シーズンオフのものから順に、どんどん詰めていき...

引越しに慣れていない場合は特に、家電製品の荷造りはどのような方法で、またどこまでやったらよいのかが分からず、困ってしまう方も多いことでしょう。基本的には、段ボールに入る大きさのものは自分で梱包をしておきましょう。それよりも大きなものは、引越し業者の方が当日に梱包などをしてくれることがほとんどですから、安心してくださいね。家電製品は、買ったときの箱が残っていれば、その箱に詰めましょう。箱がなければ、...

引越しの荷物の量が多いと、荷造りだけでも本当に大変な作業になってしまいます。また、今家にある荷物を全部持って行きたくても、とてもじゃないけれど新居には入りきりそうにない、ということも多いでしょう。引越しは、身の回りをすっきりさせる、絶好のチャンスでもあります。引越しが決まったら、本当に必要なものだけを残して、不要なものやあまり使わないものなどは、思い切ってどんどん処分していくことで荷造りも一気には...